マンション管理Q&A
トップページ > マンション管理Q&A

マンション管理Q&A

Q:分譲マンションの売買に係る宅地建物取引業法の重要事項説明書において、一戸
   建てとは異なり、特に注意すべき項目にはどのようなものがありますでしょうか。
   チェックポイント・留意点を教えてください。
A:重要事項説明書とは、不動産取引において、物件の内容や、取引の条件などについて、契約をするかどうかを決めるために必要な情報が記載された書面です。マンションの場合には、さらに次の事項が記載されます。
①敷地に関する権利の種類及び内容
      所有権(敷地権)、敷地利用権
②共用部分に関する規約の定め
      設備の不具合が生じた場合に、その修繕負担が所有者(区分所有者)になるのか
      管理組合となるのかが問題となることがあります。共用部分の規約を確認して
      おきましょう。
③専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約等の定め
      マンションでは、居住者が守るべきルール等について管理規約や使用細則で定
      めています。駐車場の利用方法、ペット飼育の可否等確認しておきましょう。
④専用使用権に関する規約等の定め
      バルコニー、専用庭、専用駐車場
⑤所有者が負担すべき費用を特定の者のみに減免する旨の規約の定め
⑥計画修繕積立金等に関する事項
⑦通常の管理費用の額
      管理費や修繕積立金の滞納がある場合、管理組合は新所有者に滞納管理費等を
      請求できます。残金決済時までに、売主が滞納分を支払っていることを確認す
      ることが重要です。
⑧管理の委託先等
      管理形態:委託管理(全部か一部か)、自主管理
      委託先のマンション管理業の登録番号の確認
⑨建物の維持修繕の実施状況の記録
      実施された大規模修繕等について記録が残っている場合にはその内容
      専有部分についても、リフォームの有無を確認することも重要です。
      委託管理の場合、⑥~⑨については、管理会社に依頼をすれば「重要事項に係
      る調査報告書」を発行してもらえます。ただし実費程度の費用が必要です。  

お問い合わせはこちら

一般社団法人愛媛県マンション管理士会

お問い合わせ

過去の記事