マンション管理Q&A
トップページ > マンション管理Q&A

マンション管理Q&A

Q:修繕積立金を値上げしないことによるデメリットを教えてください。 

A:修繕積立金の改定はどの管理組合でも避けては通れません。
   新築マンション販売時は販売しやすくする為に修繕積立金を低く設定されたマンションが多くあります。そのまま大規模修繕工事を目の前にして積立金が足りない事に気づく管理組合も少なくないでしょう。まずは「マンションの修繕積立金に関するガイドライン(平成23年4月国土交通省策定)」などを参考に修繕積立金の目安を算出して、お住まいのマンションと比較してみてはいかがでしょうか。
  本当に必要な値上げにも関わらず、目先の考えだけで先送りを続けると、大規模修繕工事等の多額な費用を要する工事を実施するときに修繕積立金が不足していたらどうなるのか考えてみましょう。
デメリット① 借入金
 資金が足りなければ借入をせざるを得ません。当然ですが、借入をすれば利息がかかります。例えば大規模修繕工事費用の支払いの為に5年間で借入した場合、5年間は修繕積立金から返済が続きますので、当然、次回の大規模修繕工事にも影響してきます。借入が完済したばかりでまた次の借入検討、といった悪循環に繋がります。
デメリット② 一時金徴収
 借入すると利息が無駄な出費となるので、組合員から一時金を徴収検討する管理組合もあります。ただ、現実的には1住戸につき何十万ものお金を徴収することは合意形成を図るのが困難です。検討を重ねた結果、借入という選択肢を取らざるを得ない管理組合が多いのも事実です。
デメリット③ 工事費用増加
 然るべき時期に工事を実施しないと修繕箇所が増え、工事費用も余計にかかります。資金が貯まってから大規模修繕工事を実施しようとした場合、劣化が進行し「本来補修で済んでいた箇所が交換しなければならなくなった」ということもあります。人間の体と一緒で症状が軽いうちに通院して治せるものを放置してしまえば症状が悪化し、余計な出費がかかってしまいます。
まとめ
   大切な資産価値を保全していく修繕積立金を妥当な金額に設定することは重要なことです。値上げの必要性をしっかりと管理組合内で協議していきましょう。  

 

お問い合わせはこちら

一般社団法人愛媛県マンション管理士会

お問い合わせ

過去の記事